神戸大学航空部OB会から ひよどり声 ♪♪ が神戸大学航空部OBの方々へ、航空部やOBの方の最新ニュースをお届けします。メーリングリストもあわせて用意いたしました。メーリングリストに参加されるには、本ブログの「Messages to us」にてご連絡いただくか、メールにて hiyodori-owner@ml.kobe-u.com へご連絡ください。

立命館大・京都大・神戸大 木曽川合宿が行われました

6月30日(金)から7月2日(日)までの3日間、立命館大・京都大・神戸大の合同合宿が木曽川滑空場にて行われました。3日間の合宿でしたが、30日の金曜日は授業に支障のない学生のみが参加し、神戸大の部員は1日(土)から4名が参加しました。
合宿前には少し北上すると予想していた梅雨前線がさらに北上し、初日の30日は終日の雨、時々、豪雨および雷。機材整備と学科になりました。
1日の朝は起床すると小雨。その後、雨はやみ、訓練を開始しましたが、低い雲と視程不良のために午前中は待機。その後、午後から天候が急速に回復し、訓練再開。高い湿度と照りつける強い日射となりました。
2日は朝から晴れ、訓練を開始しましたが、風もなく、うだるような暑さのなかでの訓練。お昼休みの後、雷を伴う強い雨雲が接近し、14時過ぎの最終着陸となりました。
結局、3日間の合宿にて実際に飛行ができたのは、2日目の13時過ぎから3日目の14時過ぎまで、総発航回数は89回でした。限られた時間帯しか発航できない合宿となりましたが、1回生だけでもなんとか回数をまわそうとした結果、1回生は1人あたり4~5回のフライトを行うことができました。立命館大や京都大の上級生のソロやASK23 のフライトもあり、天候の悪いなかの合宿としてはまずまずなものであったかと思います。
神戸大の1回生は石上君のみの参加でしたが、グランドワークおよびフライトとがんばっていました。神大航空部の日常もごらんください。

P1010188-tile

1回生の石上君を熱心に指導する神戸大の上級生。



P1010148-tile

晴れたときはうだるような暑さ。昼食も機体組みも汗だく。




南山大・神戸大 木曽川合宿がおわりました

P1010116-tile梅雨入り宣言直後の合宿でしたが、幸いにも2日とも晴れました。晴れましたが、日中は30度近い気温と強い日射となり、まだ暑さに体がなれていない新入部員にとっては厳しい環境となりました。
1回生にとって、フライトは当然ですが、機体押し、索つけ、翼だし、はしきゅうの食事など、初めて目にすることばかり。集合での敬礼も初々しい姿でした。お疲れさまでした。
OB会長の宮本さん、そして、22年ぶりに全日本学生グライダー競技選手権大会に出場した古本さんも激励にかけつけてくれました。人数の少なくなった航空部の学生にも励みになったかと思います。
1日目は15時ごろからの強い北西風のため、待機、そのまま撤収。2日目はヒューズ切れにより、ゴム索がなくなり、ゴム索の捜索および急遽のゴム索製作にて1時間程度の待機がありました。そのため、1日目、2日目とも発航回数は42回と伸びませんでしたが、参加人数も多くなく、1人3~4回のフライトができました。
合宿の様子は1回生の倉田君、渡辺君が『神大航空部の日常』にレポートしています。ぜひ、ご覧ください。
次合宿は、6月30日から7月2日までの3日間、立命館・京都大と合同にて木曽川滑空場にて行われます。
P1010125-tile

南山大・神戸大 木曽川合宿がはじまります

本日、梅雨入りが発表されましたが、6月10日(土)、11日(日)に南山大学と木曽川滑空場にて合同合宿が行われます。神戸大学としては新入部員3名の参加する新人合宿となります。
現在の予報では土曜日は晴時々曇、日曜日は曇時々雨と、梅雨前線の動きが気になるところです。
合宿前最後のミーティングでは、地上の作業や操縦知識の確認と準備にがんばっています。
宮本OB会長も激励に駆けつけられました。
IMG_4794-tile








写真 左:宿当の仕事の教育まで、西山主将がひっぱります。
写真 右:新入部員3名(男性)、入部検討中1名(女性)とOB会長

OB会より久住山岳滑翔大会出場者に支援金を贈呈しました

IMG_4793第35回久住山岳滑翔大会に出場した2年生 池田君に、OB会から支援金を贈呈しました。現在、OB会からの支援金は学連主催大会の参加者にお渡ししています。
久住山岳滑翔大会は学連の主催する大会の一つであり、標高800メートルの大分県久住滑空場にて、久住山の斜面に発生する上昇気流を利用し、いかに高く、いかに長く飛べるかを競います。
池田君は大会3日目に上昇気流をつかみ200m高度を獲得し、出場18大学34選手中、9位と大健闘をしました。
  第35回久住山岳滑翔大会・結果のご案内

池田君からの大会レポートは、神戸大学航空部のブログ
『航空部の日常』を、久住山岳滑翔大会の雰囲気は優勝した九州大学航空部のフォトギャラリーをご覧ください。

新人合宿への準備がはじまりました

IMG_4789新入部員が入ったということを聞き、久しぶりに部室をたずねました。六甲ケーブルへ向かう道路の歩道橋を渡り、国際文化学部(昔の教養部。今は鶴甲第1キャンバスと呼ばれています)の入口には、航空部の新人勧誘の立て看板が絶好の場所にありました。来年は、OB会としても、勧誘用の看板やのぼりなどの寄付を考えたほうがよいかもしれません。
IMG_4791部室では、西山主将が学科の真っ最中。合宿のグランドワークなどの学科は終わり、操縦の基本の学科を行っていました。
操縦桿を握りしめない、地平線を中心に広い景色を見る、舵は小さくゆっくりとなど、基本は昔と変わりません。新入部員も熱心に聞いていました。
新入部員は現在3名(男性)。今年の新入部員は、例年とは異なり、海事学部の学生がいない、全員が自宅通学の特徴があります。西山主将の学科では、1年生から活発な質問があり、人数は少ないながらも良い雰囲気を感じました。新しく入部した1年生とともに、新しい航空部が生まれてほしいものです。
新人合宿は、6月10日(土)、11日(日)に南山大学と合同にて木曽川滑空場にて行われます。南山大学はこれまで女性の多い少数精鋭の航空部でしたが、ここ数年は毎年8名以上の部員が入部し、上昇気流のど真ん中にいます。ぜひ、南山大学のサーマルパワーもお借りし、新人合宿を成功させましょう。

ブルーサーマル第4巻が発売されます

航空部を舞台とするグライダーの青春ドラマ ブルーサーマル第4巻が5月9日に発売されます。
学生グライダースポーツを応援するため、みなさまの応援をお願いします。
(神戸大学航空部バージョンちらしです)
received_753042018209678



大野グライダークラブの活動に参加しました

P1010092-tileブログ管理人 兼 監督の渡辺です。
4月22日、23日と大野滑空場にて行われた大野グライダークラブ(OGC)の活動に参加しました。
通常、OGCは東海・関西地区の大学と共同運航を行い、学生は体力を、OGCは機材と知恵をだします。この時期、木曽川滑空場にて新入生の体験搭乗会が行われており、学生は新入部員勧誘に忙しいため、今回はOGCの単独運航となりました。
両日とも快晴、20名近くの会員が集まりました。会員も、大学航空部のOBをはじめ、他の社会人クラブから移ってこられた方、60才からグライダーをはじめられた方など、さまざまです。使用する機体は4機。複座機のASK13とASK21にくわえ、単座機のASK23とDiscusでした。
大野滑空場は、揖斐川の河川敷にあり、河口から離れた山陸部に位置します。上昇気流が発生しない日はほとんどありません。両日とも好条件に恵まれ、1200mの上限高度まで達する人、空域9kmの端まで飛んでいく人、1時間フライトを行う人などが続出しました。好条件のため、30~40分を目安に、「降りて来い」コールが無線で指示されていました。
OGCではいつでも体験搭乗を楽しむことができます。
ご希望者はこちらをごらんください。

新入生の体験搭乗が行われています


毎年、4月の土・日曜日は木曽川滑空場にて新入生の体験搭乗会が行われ、各大学は新入部員の勧誘にがんばります。4月22日、23日の体験搭乗会では多数の希望者を消化できず、大野滑空場でも体験搭乗を行うこととなりました。OGC単独合宿であったため平均年齢の高かった滑空場も、新入生の若いパワーで一気に雰囲気が若返りしました。新入生は初めて見るグライダーに、興味深々。引率した上級生の説明を聞きながら、体験フライトの順番を待ちます。
P1010106-tile
2日間とも絶好のソアリング日和でしたが、体験フライトではサーマル旋回は禁止(気分が悪くなる人があるため)、フライト時間は7分とする(多くの体験フライトをこなすため)ことになりました。
神戸大学航空部も西山主将と2回生 田畑君が5名の体験搭乗希望者を連れて、大野滑空場にあらわれました。
CIMG0001


右から1人目:西山主将、2人目:田畑君
3人目から7人目:神戸大学 体験搭乗希望者
(体験搭乗者は個人情報に配慮させていただきました)



西山主将は毎週、希望者を木曽川滑空場へ引率しているとのこと。新主将、新2回生にとって試練の時期ですが、がんばっています。1人でも多くの1年生が入部してくれるとよいですね。
体験フライトでは、みなさん、出発前は緊張気味ですが、離脱後はリラックスして楽しんでいました。上空は残念?ながら、あちこちサーマルだらけ。気流の静かなところをさがしてフライトを行いましたが、ダイブブレーキを使用しないと高度をおとせないこともたびたびでした。
宮本OB会長も黄色のスバル360で来られ、部員の激励とグライダーの魅力を新入生へ説明されていました。

[宮本OB会長からのメッセージ]
部員達もボクも無事に戻りました。
主将は次の日曜日も体験搭乗に行くとのこと、新主将にとって最初の関門やね。
乗って行ったスバル360は、製造から50年を越え、我が部やJA2108とほぼ同じころの誕生。中島飛行機の設計者は実に優秀です。30年乗り続けて、霧ヶ峰も九州も関東も何度か行ってますが、北海道はまだ。

航空部OB会が今年も凌霜会誌「凌霜」に紹介されました

20170410---32月に開催されました航空部OB会が、昨年に続き、航空部OBの榊原氏(経営学部S49卒)のご尽力により、凌霜会が発行する会誌「凌霜」に掲載されました。
凌霜会は官立神戸高等商業学校、旧制神戸商業大学、神戸経済大学の流れを汲み、現在は神戸大学経済学部、経営学部、法学部の卒業生から成る同窓会です。
榊原さん、ありがとうございました。
cats

★OB短信★ 新歓活動に寄せて ~ 松下一樹さんより

ar_gl04_03b1990年入学の松下一樹です。
僕は小さい頃から、ただ、とにかく飛行機が大好きでした。小学生の頃から紙飛行機集の本を買って、切って貼って作って飛ばしていました。そのうち自分で紙飛行機を設計し、全国大会の地区予選にも参加しました。結果は残念でしたが・・・。パソコン(当時は「マイコン」と呼ばれていました)のフライトシミュレーターで遊んだりもしていました。とにかく自分の手で飛行機を操縦したかったのです。
大学進学時には航空工学科のある大学を探していましたが、大阪周辺では大阪府立大と京都大にしかありませんでした。かなりの困難が予想されましたので、マイコンに関わる神戸大学電子工学科を受験し合格しました。
鳥人間コンテストは毎年楽しみに見ていましたが、大学に入学して初めて「グライダー」というものを知りました。「自分で操縦できる」と新歓に来られていた宮本さんに説明を受け、早速入部しました。 初めて空を飛んだときは、言葉ではあらわせないほどの感激を覚えました。 「また飛びたい」とは思っているのですが、家庭を持つとそうはいかなくなりました。でも、また飛びたい!

★ 航空部の活動について
image001航空部の活動は大学時代にしかできないことです。テニスやスキーは社会人になってからでもできます。今を精一杯頑張って、そして、楽しんでほしい。航空部を通してできた友人とは長い付き合いになります。今でも2年に一度くらい、同期で飲み会をしています。同期の結婚式にも出席しました。毎年年賀状のやり取りもしています。他大学出身の航空部員ともです。

★ 新歓活動について
image003まず「グライダー」というものをほとんどの人が知りません。飛行機が大好きだった僕もグライダーなるものを知りませんでした。実際に機体を見せる、ビデオを見せる、あるいはYouTubeに動画をアップして見てもらう、百聞は一見に如かずです。見たら、「おぉー」と思う人が多いと思います。まずはここが大事です。
次に、グライダーは大学時代にしか経験できない貴重な機会だということを強調することです。テニスやスキーは大学卒業後もいくらでもすることができますが、グライダーは大学生時代しかすることができません。また、教官が同乗し、安全であることを強調する必要があります。特に女子学生の場合、親御さんが反対するケースが予想されます。
空を飛んだ時の感激を言葉で表現することは難しいので、空から見た景色を写真に撮って見せるのもいいと思います。これらのことをパンフレットにまとめ、配布してはいかがかと思います。費用については、OB会で募るとよいと思います。

★ 現役部員へのメッセージ
image002日常時には勉強会をするといいと思います。フライトに関することはもちろん、気象や航空法規などの勉強会を行なえば、自家用ライセンス取得者が増えると思います。それ以外にも、各係が行なっている仕事の内容を発表しあったり、飛行訓練において何か合理化できることはないか、とか。僕は大学卒業後、岐阜の中日本航空専門学校に行きました。近くに航空自衛隊の各務ヶ原基地があって、中部日本航空連盟岐阜支部でしばらく飛んでいました。学連のフライト合宿と比べると、ずっと効率がよかったです。
上級生から下級生へ伝えるべきこと(フライト・合宿運営・クラブ運営・機体機材運用など、それらに関する細かい知識や技術)をしっかり伝えて伝授していくことが大切です。口頭だけでなく文書にして伝えていく。「言わなくてもわかるだろう」では下級生が困ります。もちろん状況が変われば文書も修正しなければなりませんが・・・。当時僕もピストに任命されて、何からどう手をつけたらよいのかさっぱりわからず、ただ闇雲に進めていき、来てくださった教官方にも大変迷惑をお掛けしてしまったことを覚えています。
航空部の活動はフライトを行う合宿が主たる活動となりますが、合宿以外の日常時にも行うべき活動はたくさんあります。全員で協力してクラブの運営をしてほしいと思います。

神大航空部の日常
ひよどり声 on Twitter
Recent Comments
Visitors

    Messages to us
    • ライブドアブログ