神戸大学航空部OB会から ひよどり声 ♪♪ が神戸大学航空部OBの方々へ、航空部やOBの方の最新ニュースをお届けします。メーリングリストもあわせて用意いたしました。メーリングリストに参加されるには、本ブログの「Messages to us」にてご連絡いただくか、メールにて hiyodori-owner@ml.kobe-u.com へご連絡ください。

お盆にあたり ~ 親父のこと ♪ 宮本OB会長

41377_100000849127367_1839_n毎年毎年最高気温がぬり変えられる中、もうしばらくでお盆がやってきます。
しばしの休息中、先祖や自分の来し方を振り返ってみる良い機会でもありましょう。皆さんは、どんないきさつで航空部に入部することになったのでしょうか。十人十色ながら、初めから目指していたにせよ、モノの弾みで係わってしまったにせよ、そこには自分の意思では図れない「縁」が働いているに違いありません。
私の場合は、親父が飛行機好きであったことが根っこにありました。たまたま通りかかった工学部のグラウンドで実物のグライダーを目にし、ほとんど吸い込まれるように入ってしまいました。聞いた親父は、何の喜びも驚きも見せず問いただすでもなく、「ふ~ん、そうか…」で終わりでした。言外に「やっぱりお前もな…」だったハズです。
ってことで、「私にとって親父は何だったのか」と前置きして少しばかり書かせていただきます。


親父は私に、直接的には何も教えてくれませんでした。
だけど、広い意味で多くのことを学ばせてはくれました。
人の弱さも、どん底の時の態度も、上手くいった時の喜びも。
「去るものは追わず、来るものは拒まず」とか
「聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥」とか…
思い返してみれば、含みのある口癖を耳に残していってくれたものです。
そして、いつも貪り(むさぼり)のない生き方をしていたように思います。


23年余り前、阪神大震災の2ヵ月後に親父は亡くなりました。
生まれは福井の山奥の農家の三男。
小学校を出てすぐに田舎を飛び出し、1人で大阪に出てきたらしいです。
食べるために毎日毎日、日雇い労働を続けて暮らしてましたが、いつか飛行機に乗りたいと、幼いころから憧れていたらしく、少しばかり出来た蓄えで部材を集め、掘っ立て小屋を見つけて、見よう見まねで飛行機のようなものを作り始めていたところ、近所の人に怪しまれて警察に通報されたようです。
「あのな、ホンマに飛行機作りたかったら、先に勉強せなあかんよ」と。


それからは、本を借りては返し、寝る間も惜しんで読みあさり、学歴はゼロですが、大阪大学の夜間講義を聴講しにも行ったとのことです。
初の国産旅客機「YS-11」の開発者であり、鳥人間コンテスト初期の審査委員長でもあられた、木村秀政さんの講義も聞いたと話してました。
飛行機やグライダーの模型を、自分で設計して材料から作り上げる様子も、飛ばしに行く時も連れ出されて、当たり前のように見ておりました。
若いころ、グライダーメーカーのシェンプヒルト生みの親であるウォルフ・ヒルト氏が、有名な「ミニモア」を携えて来日し、デモ飛行した現場を見に出かけ、それがキッカケで、ガルウイング翼が大好きになったようです。

ヒルト氏について

 


戦時中は、今も明石にある川重(当時は川崎航空機)に勤務し、戦闘機のエンジンを作る現場技術者の一員として働いていました。
色々なアイデアを生み出し、もらった賞状や表彰式の写真が残っています。
しかし、終戦とともに航空産業は停止し、有志数人で生活器具の製造を始めました。
それが、今も私が関わっている線材製品製造業界(金網やカゴ類など)でした。
徹頭徹尾、サル真似を嫌い、自分が編み出したアイデアで勝負する仕事ぶりは、今の私の体にDNAとして伝わっていると、そこだけは自負しています。


でも、恩返ししたいと思った時には、もう居ないんですよね・・・

飛行神社へお詣りにいってきました! ♪ 宮本OB会長

IMG_0916暑いさなかに、ちょいと一服気味のつぶやきです。
つい先日、久々に京都府八幡市にある例の飛行神社にお詣りにいってきました。
別に決まりがあるわけではないですが、お詣りや御守の有効期限は、?推奨1年だそうです。
タイミング的には2つの目的がありました。
1つ目はもちろん、めでたくニューフェイスが出揃った我が部の安全運航祈願。
絵馬を掛けて御守りを買い求め、ちょうど機材車の車検受けのためにやって来た新旧主将に渡しておきました。この8月下旬には福井合宿が実施されますし、都合がつくなら覗きに出かけたいところです。
2つ目は、少し前に島根の伊藤俊輔君からもたらされた飛行クラブ設立の話。
現在「いわみ風の丘飛行クラブ」として、いよいよスタートの準備が整いつつあり、そちらへも願をかけることにした次第です。
発起人であり代表でもある梅谷堅三さんには、ドイツを訪ねた際に大変お世話になったこともあって、私も一枚加わることにしたのです。

忙しさにかまけて、「ドイツの空から」シリーズは休眠状態を続けておりますが、断念したわけではありませんので、気長にお構えのほど。

ブルーサーマルVR - はじめての空 - を見ました!



体育会航空部を描いた漫画「ブルーサーマル」の映画が公開され、早速、見にいってきました。
VR(バーチャル・リアリティ)映画なるもののイメージがよくわかりません。あらかじめ、
予告編の「視聴可能店舗はこちらへ→」をクリックするとVR THEATERのページが開き、VR映画とは何か、どのように見るのか、どこで見れるのかがわかりました。
つまり、インターネットカッフェに行って、VRゴーグルとヘッドフォンを借りて、個室で見るものかと…。
さっそく、行ってきました。

「ブルーサーマルVR -はじまりの空-」では360°の視界が楽しめます。地平線がくっきりと見え、右を見ても左を見ても、美しい妻沼の風景が広がります。実機に乗っているような感覚が体験できます。さらなる風景に期待して後ろを振り向くと、グライダーの胴体の中が見えました。
ついでに、アニメとホラーを見てみました。アニメのほうが実写よりかなりの臨場感があり、リアルさと迫力で気分が悪くなるぐらいです。ホラーは振り返るとお化けがいたりして、それはそれで迫力があります。
ぜひ、チャレンジください。


♪♪ ご注意ください ♪♪

  1. お店の方へは「ブルーサーマル」を見たいと言ってもわかりません。VRを使いたいと言います。お店ではVR THEATERを含む複数のVRが利用できます。VR THEATERまたはGear VRを使うと言います。
  2. 「ブルーサーマル」を見るには、QRコードの記載されたチケットが必要です。これも「ブルーサーマル」のチケットが欲しいでは通じません。チケットには600円または300円の2種類があり、「ブルーサーマル」は600円ですので、600円のチケットをくださいと言います。
  3. 無料のVR映画もあります。最初は無料の映画でゴーグルの使い方を試した後、「ブルーサーマル」を含む有料コンテンツを視聴するほうがよいです。
  4. ゴーグルをつけると、飲食ができません。喫煙も無理です。

立命館大・京都大・神戸大 木曽川合宿が終わりました

P1010387-tileP1010390-tile









 (ネイビーブルーのつなぎが神戸大1回生です)

梅雨シーズンのまっただなかの6月30日(土)、7月1日(日)に、立命館大、京都大と木曽川滑空場にて合同合宿が行われました。神戸大からは西山前主将(就職おめでとう!)、石上主将と1回生7名のうち5名(2名は授業の関係で不参加)が参加しました。
集合日の29日には関東地方の梅雨明けが発表されましたが、東海地方は雨と激しい雷。稲妻が閃き、合宿の先行きに不安を感じさせるものでした。2日間を通して梅雨前線の影響により終日の南風、大気も不安定でしたが、2日間とも運航することができました。2日間の総発航回数は91回、1人あたり3~4回のフライトでした。
6月の新人合宿と異なり、厳しい日射、30度を超える気温、高い湿度とランウェイでは厳しい時間帯もありましたが、ASK23の耐空検査、高性能機ディスカスのフライト、数機の同時滞空もあり、刺激もあった合宿でした。1回生の操縦も進み、速度管理は安定し、傾きの修正、方向の修正、そして旋回操作へと挑んでいます。
次合宿は8月24日から26日までの3日間、福井空港での航空機曳航合宿となります。
P1010396

漫画「ブルーサーマル」のVR映画が7月5日から公開されます



体育会航空部を舞台にグライダーで空を飛ぶ青春を描いた漫画「ブルーサーマル-青凪大学体育会航空部-」が日本学生航空連盟および法政大学の協力により、13分間のVR(バーチャル・リアリティ)映画として7月5日から公開されます。
VR映画はゴーグルを装着し、上下左右、周囲360度にわたり、臨場感のある立体的な映像を体験できます。映画館ではなく、全国の
VRシアターでご覧になれます。

ブルーサーマルVR -はじまりの空-
漫画ブルーサーマル -青凪大学体育会航空部-

新人合宿が終わりました

P1010366-tile1年生にとって初めての合宿となる岐阜大・南山大・神戸大木曽川合宿(2018年6月9日、10日)が終わりました。
合宿前の6日には東海地方の梅雨入りが発表され、8日には台風5号が発生、天候の心配された合宿でした。
結果として、1日目の9日は10時ごろまでは滑走路の水たまりと横風による待機、午後には索切れによる1時間半の待機、2日目は雨域の接近により午前中のみの訓練となりました。2日間で74発の運航となりましたが、何とか1年生は全員が1人3回のフライトを行うことができました。


1年生は3大学あわせて20名弱。1年生とともに安全に運航を行い、効率よく指導を行うため、訓練生は4チーム(赤チーム、緑チーム、青チーム、黄チーム)にわかれました。つなぎの肩にはチーム色をあらわすリボンをつけ、チーム単位で機体押しや点検、索つけの練習を行いました。

P1010333-tile【左上】
全員では50名弱!朝の集合も5列
【右上】
索点検を教えるチーム
【左下】
機外点検のチーム
指導はOBの中東さん(H29卒)
【右下】
索付けのチーム

上級生の足りない神戸大航空部のために、古本コーチ(H28卒)、衣斐さん(H29卒)、中東さん(H29卒)の3人が応援に駆けつけてくれました。3人はフライトもせず、昔のようにつなぎを着て1年生の指導にあたっていただきました。
OB会から感謝をこめて、交通費を支援させていただきました。
P1010384R1
航空部のために応援に駆けつけたOBたち
右から、古本コーチ(H28卒)、 衣斐さん(H29卒)、
中東さん(H29卒)


発航回数としては満足できるものではありませんでしたが、1年生が活発に元気に行動する雰囲気のよい合宿でした。
P1010357R1
ネービーブルーのつなぎにおそろい
神戸大学航空部1年生








★ 宮本OB会長も来られる予定でしたが、やむを得ず断念されました。

昼過ぎに出て木曽川に向かおうと思っていたけれど、用事が重なって結局あきらめます。昨日、機材車が出るとき、中東君と1年生に会って、古本さんや衣斐君の顔も久々に見たいなぁと…

皆さんの様子をまたブログなどで知らせてください。

コーチや助っ人に行くOBへの支援は欠かせないと思いますね。


★ 木曽川訓練所のお弁当は、羽島給食からまごころ弁当へ変わりました


★ 本合宿の様子が木曽川滑空場日記でも紹介されています。ご覧ください。

宮本OB会長が部室を激励訪問されました!

新しいページがめくられて、早2ヶ月が経とうとしている部室の今を覗いてきました。
すでに記載の通り、上級生より多くの7人もの新人全員が顔をそろえていました。
持ち前の明るい性格で、新主将の石上君が機体点検の指導をしている最中でした。

01-horz2






左:熱血指導中の石上主将
中:真剣に聞き入る新人たち
右:安堵の表情を浮べる西山前主将

差し入れのパックジュースを手渡し、しばし私の紹介と少々のお喋りを割り込ませましたが、年に一度の、タイムスリップを満喫できるひと時です。
可愛いですね…

ついこの前までは高校生。
今は、卵の殻を破って羽ばたこうとしている若鳥達。
重い荷物を降ろして目を細める前主将の西山君に近づき、思わず右手を差し出してしまいました。
「あなたが頑張ってくれたお陰で今があるんだよ」と。

わが部には何年かに一度は存続の危機が訪れます。
それでも過去に、縁の下の力持ちのごとき数え切れない部員達が、飛行経歴を脇においても、部を守り通してくれました。
5人位ならすぐにでも顔を思い出せます。

実社会も同じで、表に出てくる人だけが組織を守っているわけではありません。
むしろ、陰で支えている人達にこそ、意を注ぐべきだろうと私は思いますね。
帰り道、そんな思いにふけっていると、つい目頭が熱くなってしまいました。

NEW3


西山前主将と7人の新入部員

古本さん コーチ就任のお知らせ

平素より航空部ならびにOB会の活動に多大なるご理解とご支援を賜り厚く御礼を申し上げます。
本年は7名の新入生が入部し航空部に活気がもどってきました。しかし、ここ数年の部員減少によりこの1回生を指導していく上級生の部員数が少なく、より若い世代のOBからのアドバイスが航空部の活動への一助になると考えます。
そこで、平成28年に卒業し22年ぶりに全日本学生グライダー競技選手権大会に出場された古本さんにコーチとして就任していただき、より現役部員に近い目線からご指導をいただくことといたしました。
古本コーチは自家用操縦士のライセンスを有し、またそのキャラクターから他大学航空部OBとも強力な人的ネットワークを持っています。
古本コーチには6月から活動を開始していただき、OB会としても古本コーチの活動に対して支援を行っていきます。
みなさまのご理解とご支援をお願いいたします。
♪♪ 古本コーチからのご挨拶

photo1OB会の皆様こんにちは。
この度コーチを務めさせていただくこととなりました、2016年3月卒 古本です。
大学卒業後は、フライトから離れており、教育証明も持っておりませんので、技術面での指導は満足にできないかと思いますが、現役学生とまだ年齢が近いOBとして、自分自身の経験を生かして何かしらのサポートができたらと思っております。
1人でも多くの学生が、高い目標を持ちながらも、4年間を楽しく活動を続けられる部にできるよう、現役学生と共に頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

新人合宿に向けて

IMG_48797名の部員が入部し、部室もにぎやかになってきました。現在、6月に行われる新人合宿に向けての準備を進めています。
身体検査の受診や練習許可証の申請を終え、西山前主将(4回生)と石上主将(2回生)がグランドワーク、フライトそして合宿での生活についての学科を行っています。おそろいのつなぎ(ネービーブルー)も購入済みです。
初合宿は、6月9日(土)および10日(日)、岐阜大学・南山大学と合同にて、木曽川訓練所にて行われます。
現在、合宿において、新入部員をマンツーマンで指導する上級生(いわゆる親)が足りません!若いOB・OGの方で、1回生の指導係として助けていただける方がおられましたらご連絡をお願いします。

PS 
遅くなりましたが、第36回久住山岳滑翔大会に参加した石上主将にOB会からの支援金を贈呈しました。石上主将からのメッセージです。

IMG_4873航空部 主将 石上 です。
いつもOB会からのご支援を本当にありがとうございます。
久住山岳滑翔大会では、東海・関西エリアはもちろん、西部や関東エリアから参加した航空部のメンバーと親交を深めることができ、とても有意義な大会となりました。JA2336にて飛ぶこともでき、とても嬉しかったです。
大会での順位は31人中27位と振るいませんでしたが、山岳滑翔は初めての経験でしたのでとても新鮮でした。

これからは、7人の新入部員とともに神戸大航空部の発展にがんばります。

宮本OB会長からのお知らせ♪♪

1 岩野さん(S47卒)と連絡がとれました
消息がわからなかった私の先輩 岩野利男さんの現況が分かりましたので、お知らせいたします。
4月24日、25日の東京出張時に時間を調整し、名簿の住所を頼りに岩野利男さんのお家を探したところ首尾よく見つかりました。ボタンを二度押して留守かな?… とあきらめかけた頃、二階の窓から顔を出されました。「神戸大学航空部1年後輩の宮本です」と応えると、少し間をおいて聞き覚えのある声で「お…!下へ降りるわ…」と扉を開けて出てこられました。
卒業後一度もお会いしてないので45年は越えているハズです。サプライズ状態でしたので家には入らずさほど遠くない駅まで一緒に歩いて、店でコーヒーを飲みながら30分余り昔話に花が咲きました。
人によっては再会を望まない方もいらっしゃるので気がかりでしたが、3年ほど前まで仕事をしてられたらしく十分にお元気で、データのなかった電話番号やメールアドレスも快く教えてくださいました。メーリングリストへの登録も了解いただきましたので、今後は「ひよどり声」を見ていただけると思います。

 

2 重要!寄付金についての節税のお話
前OB会長の田中さんから今年頂いた年賀状に、単に寄付を求めるだけではなく節税のメリットに結びつくような工夫を施すことが意思を掘り起こすキッカケにつながらないかとのご指摘がありました。常々、ご注意を向けてくださっていることがよく分かりますね。
渡辺監督から大学側に当たってもらったところ、大学を通じて特定の課外活動のためになされる寄付については目的や使途に対して判断を行い、課税所得控除の対象として承認できるケースがあり相談してもらえれば対応しますとのことでした。
何かの節目に比較的多額のご寄付をお考えのOBが居られましたら、できる限り節税につながるように努力いたしますので是非お知らせ下さい。


3 羽田空港の舞台裏を見てきました
4月の初めに高校時代の在京者向け学年同窓会があって参加して来ました。
もちろん私のように在京者でなくてもOKで、普通は隠れた名所を散策した後に宴会へ移る段取りなんですが、今回は世話人の1人でもある元日航パイロットの計らいで空港の裏方を見せてもらえる運びになりました。

tile1【左上】
 整備中のB737
【右上】
 B737のエンジン整備中
【左下】
 B737のエンジン前部
【右下】
 安全啓発センターの解説員





一番インパクトが強かったのは日本航空安全啓発センターの見学でした。
30年余り前に起こった群馬県御巣鷹山ふもとへの日航機墜落事故に関する展示で、膨大な残存物や遺品に加え30分を越える迷走飛行中に書かれた遺書の数々でした。
それとその後の企業として大きく変化した取組み体制です。参加者はいつもの倍くらいの人数になりましたが、安全啓発センターは原則的に社員研修用のため撮影は不可ながら、スケジュールの状況により一般の見学も受入れ可能とのことです。
施設のサイトと動画を下に記しますので、一度覗いてみて下さい。 


 JAL安全啓発センター
 日航ジャンボ機墜落の残骸(安全啓発センター)  


あとは一般向けのスカイミュージアムと整備工場の見学でしたが、特筆すべきは偶然目撃できた現物の政府専用機です。もちろん生は初めてですし、やはりと言うかキレイに磨かれてましたが、来年には長く使われたジャンボ機から次世代(B777との話)にバトンタッチされるとのことです。

tile2【左上】
 政府専用機を見上げる
【右上】
 政府専用機の雄姿
【左下】
 整備状況表示ボード
【右下】
 歴代のCAコスチューム





以上が概要ですが、感じたことを3つ書き出してみます。

一つ目は、
安全啓発センターの解説員と交わした会話です。調査の結果、墜落事故の直接の原因はボーイング社の修理ミスに因ることが判明し、同社は賠償の全て引き受けたが過失者を特定するための捜査協力には拒否の姿勢を貫いたとの話でした。そこに潜むのは、罪に対する日本人の捕らえ方が世界の趨勢に対して非常に異質であるとの指摘でした。世界の多くは個人の過失を追うことよりも、それを防げなかった組織やシステムの欠陥を究明し修正する方により重点が置かれるとのこと。振り返ってわが国では、「悪かったのは誰だ?」を追い求めるあまり被疑者が口を閉ざしてしまい、本来の因果関係を解明し改善に導くための障害になっているケースが多いと言うのです。
最近ようやく動き出した「司法取引」にも似た傾向が伺えますね。日本の検察は自白に偏りすぎるとよく言われますがなぜでしょう。話はここで置きますが、マスコミ人にも我々一般人にも、身近なところでは学連にも、思い当たる節を感じるのは私だけでしょうか。

二つ目は、
この見学は幾らかでも航空に関わった我々にとっては尚いっそう有益なものに違いないと感じたことで、どのような形であろうと早く機会を設けて見ておくべきだろうと思いました。

三つ目は、

二つ目と関連しますが、2020年に構想している体育会航空部創立50周年の一行事としてOB会が音頭をとってこの見学を取り入れられないかと思ったことです。東京ですので今まで敷居が高かった在京のOB諸氏が参加しやすくなるメリットはありますが、関西から出向く人にとっては荷が重くなります。実現するにはどんな課題があり、克服できるかどうかなど見通しを立てたく思っていますので、皆さまからの忌憚なきご意見を頂戴したくどうかよろしくお願い致します。

神大航空部の日常
ひよどり声 on Twitter
Recent Comments
Visitors

    Messages to us
    • ライブドアブログ